ステンドグラスの工房と教室を経営しています。
オリジナルの作品や、生徒さんの作品を紹介していきます。
ホームページはLinkの一番上、竹内美緒ステンドグラス工房へどうぞ。
<< ゼッタイ褒めてます! main 私だけ・・・・? >>
雀も気持ち良さそう・・・・

今紹介している衝立は優れものなんですよ。
足の部分がはめ込み式になっているので
安定感バッチリなのに、
持ち運び、差し替えが簡単にできます。

建具師さんの腕の見せ所ですね。
意外と本人もその出来を気に入ってるみたい(実は)。

色はアトリエMさんにお願いしています。
黒の単色にすることが多いですが、
絵を入れたり、いろいろな注文を聞いてもらってます。

ステンドが生きるようにとってもシンプルな形状です。
何しろ私の最初の注文は、襖の縁のようにシンプルに・・・・
でしたから。

そういえば次の作品もそうだけど、
和室におく衝立は白木も素敵です。

でも、そうなると、やっぱり衝立の出来は大切ですね。

Mさんの作品です。

   

このデザインで衝立を作られた生徒さん他にもいます。

この『竹と雀』は、もとは欄間です。

Sさんが作られましたが、デザインはお任せでと言われて
とっても悩んで、そして緊張しました。

なぜって、仏間の欄間だったんです。




作品の出来はバッチリですよ。
Sさんは大ベテランで腕はピカイチです。

デザインはというと、
これでよかったのかどうかは分かりませんが、
見に行った時、仏壇の縦格子と何だかよく合っていて、
ほっとしたのを覚えています。

雀も気持ち良さそうに飛んでました・・・・・・・・・ヨカッタ


衝立にした時には縦長の絵になるので
釣り合いが取れるように竹もちょっぴり細くして・・・

あ、そうそう。
雀の衝立のMさん、今、ミニ衝立制作中です。
頑張れ!  
出来たらまた紹介しますね。


    クリックしてね 人気ブログランキングへ 

              ホームページへどうぞ  


生徒の作品紹介 comments(2) trackbacks(0)
comment
佐藤かおり | 2011/11/17 1:31 PM
ステンドのついたて、ステキですね。
実家の古い窓にはまっていた型板ガラスを生かしたものを残したいと考えていますが、普通の型板ガラスでついたてが作成きるでしょうか?
また、もし、キット化されているようであれば、どのくらいの価格で、一般の人でも入手できるものでしょうか?
教えていただければうれしいです。
しょうこさん | 2011/11/18 10:02 AM
型板ガラスは一般的には4ミリ厚と2ミリ厚のものが多いようです。
組み合わせやパネルの大きさにもよりますが、強度的には十分可能です。
衝立の枠と足はパネルの大きさに応じて作りますので、キットといえるものかどうか・・・
詳しくはHPメールにお気軽にお問い合わせください。



この記事のトラックバックURL
http://blog.staind-mio.lolipop.jp/trackback/48
trackback
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
Selected Entries
Categories
Profile
Archives
Recent Comment
Links
ランキング参加中!ここをクリック!!
人気ブログランキングへ
ランキング参加中!ここをクリック!!
Mobile
qrcode