ステンドグラスの工房と教室を経営しています。
オリジナルの作品や、生徒さんの作品を紹介していきます。
ホームページはLinkの一番上、竹内美緒ステンドグラス工房へどうぞ。
タイミング、だよね。

何か欲しいものを作った後に、同じガラス、パターンで、

 

もう一つ作ると、オシャレ度はぐんと上がりますよね。

 

気に入ったガラスを無駄なく使えるし・・・。

 

と、いうことで、生徒さんには勧めています。

 

 

Iさんは、10年越しの思いをやっと実現しました。

 

というか、相談されていた私が、やっとデザインとガラスを決めた、

 

という感じかもしれませんが・・・(時間がかかって、ごめんなさい)。

 

でも、タイミングって大切ですよね。

 

その時が来たんですよね、きっと、今。

 

・・・自分でもよくわからないことを言っていますが、きっとIさんには伝わるはず・・・

 

まぁ、見てください。

 

 

いわずと知れた、尾形光琳の「紅白梅図屏風」です。

 

  左面

 

  右面

 

そして、Iさん、この高価で、貴重なガラスを余すところなく

 

おそろいのランプにしてしまいました。

 

もちろん、家ではこんな風に飾っていることでしょう。

 

 

とっても、お気に入りとか。

 

一緒にいろいろと苦労しながら作ったので、私も感慨深い作品です。

 

 

 

 

 



- comments(0) trackbacks(0)
パネルがいっぱい

昨年は家の窓にステンドグラスをはめた方が多く、

 

そういう方は作品展には写真展示になってしまいます。

 

でも、皆さんもう慣れてきているので、出来上がったパネルを

 

作品展で皆さんに見ていただいてからはめるように計画して作ったりします。

 

なので、たくさんのパネルを展示することができました。

 

Tさんは、自分でデザインしました。

 

今回のパネルは、しっかり目隠しが目的なので色を濃い目に入れました。

 

 

Mさんの2枚はケイムです。

 

色違いで同じ部屋の角度の違う場所にはまるようです。

 

  

 

Nさんの蔦の窓はご主人もお気に入りだそうです。

 

展示が終わったら、さっそく窓にはめてくださるようですよ。

 

 

Oさんのモンステラのパネル、2種類のグリーンがうまく調和しています。

 

 

今はそれぞれのお宅に収まっています。

 

そして今も教室では何人かの生徒さんがパネルを作って、

 

窓にはめようと頑張っています。

 

今年はもっとケイムのパネルにも挑戦してほしいな・・・誰か。

 

 



- comments(0) trackbacks(0)
続けられることは幸せ。

長く続けていらっしゃる生徒さんの中には

 

決して平凡に好きな趣味を続けている方たちばかりではありません。

 

 

Sさんは、もう大ベテランさんですが、

 

長い間には大病を2回もされています。

 

でもその度にそれを乗り越えて復帰されて、今があります。

 

今回は、実は私が作ったパネルがサイズ違いで行き場をなくしたものを引き取ってくれて、

 

それを数年前に亡くなった建具屋さんだったお父様の作った欄間障子に

 

取り入れてアレンジしてくれました。

 

 

4本の欄間障子を縦に組んで、衝立を作りました。

 

 

アラベスクのパネルに市松、麻の葉、青海波などの和の文様を組み合わせてみました。

 

   

 

   

 

作品展には、もう一組別のタイプの衝立も出したかったのですが、

 

今回はしばらく病気でお休みされていたので間に合いませんでした。

 

でも、もう大丈夫。

 

今は次の衝立の制作に頑張っています。

 

 

Sさんのほかにも、ご家族のご不幸などいろいろな事情を経験された方たちが、

 

今、仲間と楽しくこうして教室に通ってきてくださいます。

 

好きなことを続けられるということは、

 

小さいことだけれど幸せなことなんだと、私は教えてもらっています。

 

 

 

 

 

 

 

 



- comments(0) trackbacks(0)
子供部屋がす・て・き

作品展に出品したものの中でまだこのブログで紹介していなかったものを

 

もう少し続けましょう。

 

お借りした2棟のうちの1棟に、明るい子供部屋があります。

 

皆さんもうよくご存じで、かわいい作品を作られた方がよくそこに飾られます。

 

今回はこの子供部屋がとても充実していました。

 

まず、入り口には教室でこの頃人気の形のランプ、

 

デザインは生徒さんがネットで気に入ったものを探してきて、アレンジしました。

 

早百合さんの作った「百合」のランプです。

 

 

 

そして、壁には

 

 

中央の棚の上には

 

窓際には

そして、こんなかわいい時計も、

 

お部屋全体は、こんな感じ。

 

他にもリースやミニ衝立など、素敵な空間に皆さん喜んでくださいました。

 

実際にこんなお部屋があったら、ステンド好きは幸せですね。

  

 

 



- comments(0) trackbacks(0)
ずっと一緒

教室を始めたほんとに初期からずっと通ってくださっている方は

 

もう何年になるのでしょう。

 

10年以上一緒に活動してくれている生徒さんも何人もいらっしゃいます。

 

本当に感謝の気持ちしかありません。

 

そんな生徒さんの中から、まずHさんの作品。

 

鉄ベースの衝立2点です。

 

 玄関に。

 

  

 

実際は腰高の出窓に。

 

さすがベテランさんでしょ、大作です。

 

 

そしてSさん。

 

先回の作品展で四季の衝立を出しました。

 

今回はおそろいのランプです。

 

もちろん今回は衝立も一緒に展示してもらいました。

 

 

   

   

 

これで四季シリーズの完成です。

 

まだまだベテランさんの未紹介作品、次回もお届けできそうです。

 

 

 

 

 

 

 



- comments(0) trackbacks(0)
復帰組も健在です。

作品展に出されたものの中で

 

まだこのブログで紹介していなかった作品がたくさんありますので、

 

しばらくその紹介を続けましょう。

 

先回に続きもうひとり初めて出品されたAさん、

 

始めて4年ほどになります。

 

ずいぶん前に作られたのですが、まだ紹介していなかったように思います。

 

初めて大きなものに挑戦されたので、

 

ずいぶん苦労されていたことを思い出します。

 

 

 

また、ここでよくそんな話題になりますが、

 

うちの教室は事情があってしばらくお休みされた方がよく復活されます。

 

こちらはそんな生徒さんの出品作です。

 

ベテランのYさん体調を崩されたりして今はちょっとお休みですが、

 

作品を持って駆けつけてくださいました、うれしいですね。

 

 

デザインブックからのアレンジです。

 

独特の色が、さすがYさん健在です。

 

またのご復帰、お待ちしていまぁす。

 

 

そして、今年になって久しぶりにまた教室に通い始めたFさん。

 

家で、こつこつ続けていられたようで、

 

腕は鈍っていませんよ。

 

 

細いロープを銅線で表現したり、

 

写真ではお伝えできないのが残念ですが、

 

帆先を立体的に飛び出させたりと工夫がいっぱいで、

 

注目の一品でした。

 

 

次回も新しい作品まだまだありますので、お・た・の・し・み・に。

 



- comments(0) trackbacks(0)
また、コツコツ・・・・

作品展も終わり、また教室ではコツコツと制作に励む日々が始まりました。

 

追い込みで頑張って、ちょっと一服ペースダウンする人、

 

他の人の作品に感化されて、ますますやる気になった人、

 

それぞれの活動がまた始まりました。

 

 

今まで写真が残せていなくて、このブログで、紹介できていなかった作品を

 

これからいくつか載せて行けそうです。

 

まず、今回初めて参加してくださった方の作品から。

 

 

ステンドの経験はずいぶんおありですが、

 

縁あって今回うちの作品展へは、初めての出品だったTさんの力作です。

 

 

好きな題材を探してきてデザインはご自分でされます。

 

だから、うちではちょっと見ない作品でしょ。

 

後ろ向きのネコちゃんが浮き立つようにくっきりと輪郭を付けました。

 

パステルな色合いが、素敵ですね。

 

 

次は、新人のTさん。

 

決まったコースの練習を終えた、自由作品第一号です。

 

子育て真っ最中ですが、頑張ってます。

 

作品展では素敵なご主人にもお目にかかれてよかったです。

 

無理せず、できる範囲で長く続けてくださいね。

 

次の作品、期待してますよ。

 

 

 

 

 

 

 

 



- comments(0) trackbacks(0)
幸せな時間

作品展始まりました。

 

今日は二日目、

 

小雨の降る天気にもかかわらず昨日に続いてたくさんの方に来ていただきました。

 

今日は、そんな作品展の会場をご案内しましょう。

 

 

いらっしゃったお客様にはまず、光がさんさんと降り注ぐ一階のリビングで

 

芳名帳にお名前を書いていただいたり、お茶を飲んでくつろいでいただきます。

 

そして作品を見ていただきましょう。

 

二階にはこんな和室もあります。

 

 

今年はパネルが多いので、窓の多いこの家は展示にうってつけですね。

 

 

こちらの家を見終わったら、次は隣の棟へご案内いたします。

 

こちらは毎年飾っているのでもうお客様もよくご存知ですよね、どうぞ。

 

 

オシャレな和の空間では、IさんやSさんたちの力作を

 

皆さん食い入るように見ています。

 

今年は二階の子供部屋がとても充実しました。

 

楽しい空間が皆さんを迎えてくれます。

 

 

もう、ここにご紹介した部屋はほんの一部です。

 

 

いらっしゃるお客様はほとんど生徒さんが直接はがきを手渡した方なので、

 

お話も弾み、呼んだ方も呼ばれた方も楽しそう、嬉しそう。

 

それを見ている私も、あぁ、やってよかったって思える幸せな時間です。

 

 



- comments(0) trackbacks(0)
もうすぐ作品展

いよいよ作品展が近づいて来ました。

 

まだ出品予定の作品ができていない生徒さんもいて、

 

ちょっぴり必死な感じの漂う時もあるこの頃の教室です。

 

 

ベテランさんを中心に作品展への取り組み方が根付いてきたためか、

 

今回の作品展は生徒さんの足並みがよく揃っています。

 

皆さんの間の温度差の感じられない、心地よい作品展を迎えられそうです。

 

 

今年は、パネルや衝立を作った方が多いので、

 

窓際にそんな作品がずらりと並ぶことになりそうです。

 

いつもとはちょっと違った展示になりそうでワクワクします。

 

窓にはめた人は写真展示になりますが、そちらも楽しみです。

 

また、アラベスクをアレンジした作品が多いことも今回の特徴でしょうか。

 

 

  

  



 

なんと100点以上の作品が出品されます。

 

始めて作った大切な作品や、ベテランさんの堂々の作品、

 

ほんの一部を紹介してみました。

 

 

生徒さんも精力的にはがきを配ったりしてくれていて、

 

きっとたくさんの方にいらしていただけるのではないかしら。

 

そしてこの作品展の一番の目的は、

 

普段曜日が違って顔を合わすことのない生徒さんたちがお互いに知り合いになって、

 

作品を褒めあって仲良くなること、それは今回も変わりません。

 

 

 

 

 

 



- comments(0) trackbacks(0)
作品展に向けて

来月末に開催する生徒作品展のはがきが出来上がりました。

 

今回は軽くイメージ写真にしてみました。

 

 

 

場所はいつもと同じ愛知県刈谷市のトヨタホームの住宅展示場

 

「アトリスパーク」です。

 

2年に一度の作品展、目まぐるしく変化する住宅展示会場にも関わらず

 

今年も快く会場をお貸しいただけました。

 

 

よくお問い合わせをいただきますが、この作品展は生徒さんの作品展です。

 

ですから、すべて生徒さんの制作したものの展示です。

 

でも、私のオリジナルのデザインを使ってくださったり、

 

生徒さん一人のために一緒にデザインや施工法を考えたりしているので

 

私にとっては自分の作品を作る時よりアイデアを振り絞り、必死に考えたりています。

 

だから、自分の個展より比重が大きいくらいのイベントです。

 

ぜひ少しでもたくさんの皆さんに来ていただきたいと思います。

 

 

次回から、また作品紹介していきますね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



- comments(0) trackbacks(0)
1/21PAGES >>
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>
Selected Entries
Categories
Profile
Archives
Recent Comment
Links
ランキング参加中!ここをクリック!!
人気ブログランキングへ
ランキング参加中!ここをクリック!!
Mobile
qrcode